間取りアドバイス 間取り診断

毎日を快適に、無駄なく過ごせる家事動線

間取りを見させていただく中でとても多いのが、家事動線についてのご相談です。

 

仕事や育児と家事を両立させておられるご家庭はとても多いですよね。

 

仕事から帰って子どもの宿題を見ながら料理をしたり、
お風呂に入っている子供たちの様子を見ながら食事の後片付けをしたり、
朝は洗濯機を回しながら朝食を作って…
なんていう忙しい主婦の方も多いことでしょう。

 

家事動線の良い間取り

 

そんな中、家事動線の良い住まいは、日常の暮らしがとても楽になるのでおすすめです。

 

 

具体的には、

 

・お料理をしながら、洗濯機を回せる

 

・洗濯機で洗った洗濯物をすぐに干せる

 

・干した洗濯物が乾いたら、取り込んですぐにしまえる

 

・お料理をしながら、お風呂に入っている子供たちを気にかけることができる

 

・スーパーで買ってきた食材をキッチンに運び込むのがカンタン(できれば駐車場と近接)

 

・ちょっとした書き物などは家事をしながらササっと済ませられる

 

 

こんな間取りであれば、家事や育児がとても楽になると思いませんか?

 

 

家の中をあちこち移動することなく家事が済むのは、労力が少なくて済むだけでなく時短でストレスも減り、ご家族に目が行き届くという点で安全にもつながります。

 

これは子育て中だけでなく、例えば介護の必要がある場合も同様です。

 

 

また、水回りの設備をまとめることで、家の中を走る給排水の配管を少なくすることができコスト削減になるのと、水漏れ等の管理も楽になります。

 

 

家事動線が悪い間取りとは…

例えば、洗濯機は1階にあるけれど、干すのは2階のベランダというお宅はとても多いです。
水を含んで重くなった大量の洗濯物を、毎日2階まで運ぶのは負担です。

 

元気な時はいいのですが、体調が悪かったりケガをしたときなど本当に大変ですよね。
家事動線の悪い間取り

家事動線の良い間取りの一例

それでは、家事動線の良い間取りを一例、ご紹介したいと思います。

 

(※画像が小さくて見づらくすみません!スマホの方は是非拡大してご覧ください。)

 

 

家事動線の良い間取り

 

この間取りでは、キッチン、洗面・脱衣・家事室、お風呂、トイレをひとまとめにしています。

 

子どもたちは帰ってきたらサッとトイレを済ませて、脱いだ服を脱衣のカゴに入れてお風呂に入ることができます。

 

キッチンから浴室までが一直線につながっていて視線が届くので、お母さんはお料理をしながらでも、おふろに入っている子どもたちの様子が分かります。
家事動線の良い間取り

 

子どもが持って帰ってきたプリントもササっと目を通し、提出物や記入しなくてはならないものも家事室の机で済ませられます。

 

キッチン横のダイニングテーブルでお子さんが宿題をする時も、家事をしながら見てあげることができますね。

 

家事動線の良い間取り

 

朝は、朝食やお弁当を作りながら、すぐそばの洗濯機を回すことができ、洗い終わったらすぐにハンガーにかけて同じ脱衣室内のポールにかけ、そのまま外の物干し場に洗濯物を干すことができます。

 

休日にまとめて買ってきた重い食材は、駐車場から物干し場経由で勝手口から入れれば距離が短くて楽ちんです。

 

ちなみに、下の写真のような物干し金具を脱衣室につけておけば、雨の日は脱衣室をそのまま物干し場にできて便利ですよ。
この金具は取り外しが可能なので、必要のないときは外しておくこともできます。

 

家事動線の良い間取り

 

 

移動もお掃除も楽な、回遊性のある間取り

家事動線の良い間取り

 

そして、この間取りのポイントは、家じゅうぐるぐる回れる間取りであるということです。

 

キッチン→洗面・脱衣→浴室への水回りはもちろん、廊下、リビング、ダイニングも一筆書きのように移動することができます。

 

このご家庭では将来、高齢のお母さんが同居される予定がありますが、お部屋をリビング近くの配置にすることでいつでも家族が気にかけることができ、また寝室からトイレにも近いので高齢の方でも安心です。

 

このように、回遊性のある間取りはいろいろな方向に移動ができるので、家族の動線がぶつかりにくく、朝の忙しい時間などもストレスになりにくいのでおすすめです。

 

 

間取り相談、受付中!
本当にこの間取りでいいの?とお悩みの方は、一級建築士に相談してみませんか?
お早めに間取り相談をご利用ください。

 

TOPへ